1. やまがた6次産業
  2. 6次産業ブログ
  3. 2017 2月

ビジネス計画書優秀者報告会、平成28年度ビジネス・スクール修了式

2017/02/20

平成29年2月17日(金)、やまがた6次産業ビジネス・スクール修了式を山形県土地改良会館で行い、23名の受講者が修了を迎えました。
式に先立ち、ビジネス計画書優秀者報告会を実施しました。

 

◆ビジネス計画書優秀者報告会

本報告会は、受講者が講義を通じて検討・作成したビジネス計画のうち、内容が優良と認められる方に、代表して発表いただくものです。
今年度は、阿部恒雄さん〔農業・フクファーム〕、清野和紀さん〔菓子製造・販売、(有)松野屋〕、石川豊明さん〔飲食業、(株)T・S Company〕、室岡奏美さん〔JAさがえ西村山〕の4名が、各自の事業構想をプレゼンテーションしました。

290217_houkoku_01
▲参観者の前で発表
290217_houkoku_02
▲阿部恒雄さん
290217_houkoku_03
▲清野和紀さん
290217_houkoku_04
▲石川豊明さん
290217_houkoku_05
▲室岡奏美さん
290217_houkoku_06
▲講師や参観者との質疑・助言

発表者の皆さんには、2月10日の「ビジネス計画書発表会」講義での意見交換、講師の助言等を踏まえ、一週間弱の中で、ブラッシュアップとプレゼン資料の作成に頑張っていただきました。
最終課程として素晴らしい報告が行われ、あらためて感謝いたします。

 

◆やまがた6次産業ビジネス・スクール修了式

【開式・来賓祝辞】
開式にあたり、山形県知事(県農林水産部・駒林雅彦次長代読)より、「スクールで学んだ知識やノウハウ、築いた人脈を活かし、6次産業化の取組みを一層推進し、ご活躍されることを期待する」と挨拶しました。
続いて、東北農政局地方参事官(山形県拠点担当)の小林愼治様よりご祝辞を賜りました。

290217_syuryou_01
▲開式の辞(駒林次長)
290217_syuryou_02
▲来賓祝辞(小林地方参事官)
290217_syuryou_03
▲コンソーシアム機関
 


【修了証書授与】

修了者の皆さんに、本スクールからの修了証書が授与されました。

290217_syuryou_04
 
290217_syuryou_05
 
290217_syuryou_06
 
290217_syuryou_07
 
290217_syuryou_08
 
290217_syuryou_09
 
290217_syuryou_10
 
290217_syuryou_11
 
290217_syuryou_12
 
290217_syuryou_13
 


【受講者代表挨拶】  

受講者を代表して、佐藤郁子さん(大江町・農業)、佐藤長三さん(東根市・農業)より、スクール受講の感想や今後の意気込みについて発表いただきました。
お二人は、ご自身の農業経験を振り返りつつ、様々な知識や視点を学ぶ貴重な機会・時間であったこと、スクールの仲間と連携しながら、6次産業化に頑張っていきたい旨を述べられました。

290217_syuryou_14
▲佐藤郁子さん
290217_syuryou_15
▲佐藤長三さん


【閉式】

山形県農林水産部6次産業推進課・佐藤課長より閉式のことばを述べたのち、修了者の今後の活躍に向け、出席者一同による惜しみない拍手を送り、修了式は幕を下ろしました。

290217_syuryou_16
▲閉式の辞
290217_syuryou_17
▲修了おめでとうございます

 

講義「ビジネス計画書発表会」

2017/02/14

計3回の事業構想・計画書作成の講義及び中間発表を経て、2月10日(金)、カリキュラムの仕上げとなる「ビジネス計画書発表会」を開催しました。

290210_plan_00b
▲ビジネス計画書の発表
290210_plan_00a
▲講師陣等が講評

 

受講者は、これまでの講義や中間発表会における講師や他の受講者との質疑応答・助言等を踏まえ、この日に向けて更なる検討を進めてきました。

290210_plan_01
290210_plan_02
290210_plan_03
290210_plan_04

 

中間発表時と同様、1人あたり約7~8分の持ち時間で発表を行い、担当講師(有限会社ティップス・尾形氏、山形6次産業化サポートセンター・井上コーディネーター)からの講評・助言、参観いただいた日本政策金融公庫山形支店・加藤氏、農林中央金庫山形支店・中川氏からコメントをいただきました。

290210_plan_05
290210_plan_06
290210_plan_07
290210_plan_08

 

11月の開講当初の自己紹介の際にも、受講者には関心のある・今後取り組みたい事業や構想を話していただきました。その後、約4ヵ月に渡って受講した各科目の知識や、構想をプロットアウトしていくノウハウを学んだことで、11月時点よりも具体的で実現性が感じられる内容へと、はっきり進化(深化)した印象を受けました。

290210_plan_09
290210_plan_10
290210_plan_11
290210_plan_12

 

本来のお仕事を抱えつつの作業であり、時間がとれず苦労された方も多かったかと思います。
受講者の皆さま、大変お疲れさまでした。