1. やまがた6次産業
  2. 6次産業ブログ
  3. 未分類

ビジネススクール:平成24年度修了式、ビジネスプラン発表会を開催します

2013/02/21

昨年7月から約8カ月にわたって開講してきた「やまがた6次産業ビジネススクール」も全日程が終了し、いよいよ2月27日(水曜日)に修了式を行う運びとなりました。

2月27日(水曜日)は、修了式に先立ち、午前11時から、受講生代表によるビジネスプラン発表会を開催します。
受講生は、座学や実習など延べ90時間にも及ぶ講座を受講し、自身の農業経営の理念や今後のビジョン、目標設定について検討を重ねてきました。ビジネスプランはその集大成ともいえるものです。

本発表会を通じて、より多くの皆様に当ビジネススクールの取組みの成果をご覧頂きたいと思います。
皆様のお越しをお待ちしております。

■受講生代表によるビジネスプラン報告会■
日時:平成25年2月27日(水) 11時~12時半
会場:山形県産業創造支援センター(山形市松栄1-3-8)
※どなたでも参加出来ます。事前の申込みは不要で、当日会場にて受付いたします。

ビジネススクール:「ビジネスプラン作成」最終講義が開催されました。

2013/02/18

2月13日(水)、ビジネス・スクールでは「ビジネスプラン作成」の最終講義を開催しました。
「ビジネスプラン作成」講義はカリキュラムの中でも必須科目であり、全受講生が対象となります。受講生は、8月上旬に開催した宿泊研修でのワークショップを皮切りに、これまで全5回の講義を通じて、自分自身の農業経営の理念や今後のビジョン、目標設定について検討を重ね、それらの達成に向けた戦略の分析等を進めてきました。


(▲会場全体の様子)

(▲グループ討議の様子)

最終回となる講義では、4~5人ずつで4つのグループに分かれて、他の受講生の前で自分のビジネスプランを発表しました。受講生はそれぞれ、他の受講生や講師からの質問や意見を聞くことで、自分のプランの最終チェックを行いました。当日のアンケートでは、大半の受講生が「モチベーション(やる気)が向上した」と回答しており、「ビジネスプラン完成に向けて大変参考になった」、「大変良いアドバイスをもらえた」などのコメントが寄せられました。受講生は十分な手応えを掴んだようです。

いよいよ来週2月20日(水)、全受講生とビジネスプラン作成指導を担当した講師陣が参加し「ビジネスプラン発表会」を開催します。発表会では、1人あたり5~7分の持ち時間で受講生全員がビジネスプランを発表し、講師陣の審査を受ける予定です。受講生にとっては、これまでビジネススクールで学んできた7ヶ月間の集大成です。素晴らしい発表会となるよう、期待しています。

6次産業化支援講座が開催されています

2013/02/07

1月下旬から2月下旬にかけて、新庄市内を会場に「6次産業化支援講座」が全5回の日程で開催されています。従来、このような連続した講座は山形市を中心とした村山地域で開催されるものが大半でした。開催時期についても、農業者が受講しやすい冬の農閑期になり、受講を希望しながらも地理的時間的な制約のために受講できない人がいたのが現状です。今年度初めての試みとして、このような農業者のニーズを踏まえ、農業者の受講のしやすさを考えた講座を最上地域で開催することになりました。

講座の案内や受講生の募集などの情報提供については、県立農業大学校をはじめとする県内の各機関にご協力いただきました。 集まった受講生は全部で20数名ほど。大半は農業者で、その半数以上がすでに6次産業化に取り組んでいます。最上地域を中心に、庄内地域や村山地域からも申し込みがありました。

全5回の講座は、「6次産業化の基礎」、「フードシステム」、「マーケティング」、「経営戦略」、「財務管理」、「経営理念・経営管理」などからなり、6次産業化に関心がある農業者が6次産業化に取り組むにあたって必要な知識を、ひと通り習得できるようになっています。講師陣も、フードコーディネーターやマーケティングの専門家、税理士など実務家で構成されており、受講者はこの講座を手がかりにネットワークを築いて、今後は随時必要となるサポートを受けていくことが期待できます。

2月1日(金曜日)は、鶴岡市の株式会社ティップスの尾形恵子氏によるマーケティングの講義が行われました。「農産加工品のマーケティング戦略」をテーマに、ケーススタディを中心に構成された実践的な講義で、講師と受講生が双方向にコミュニケーションを取りながら進められました。受講生からは質問や意見が次々に出てきて、とても充実した講座になりました。

本講座は2月下旬まで毎週金曜日に開催され、後半は、農業者にとくにニーズの高い「財務管理」の講座などが行われる予定です。

平成23年度やまがた6次産業ビジネス・スクール修了式

2012/03/09

 食農ビジネスの高付加価値を実現するために、経営感覚と起業家精神をもって6次産業化に取り組む人材・経営者(及び将来の経営者)を育成するこることを目的とした「平成23年度やまがた6次産業ビジネス・スクール」の修了式が、2月29日(水)山形県産業創造支援センター(山形市)で行われ、修了生(3期生)31人に修了証書が授与されました。 

 受講生は8ヶ月間にわたり、農業や企業での仕事の合間、基礎共通科目や、農業ビジネス、食品ビジネス、交流・観光ビジネスといった専門科目、そしてビジネスプランの作成などを学んできました。

 

【挨拶・来賓祝辞】

  

 

 やまがた第6次産業人材創生コンソーシアム事業統括リーダーの細野武司(フィデア総研理事長)が「従来の農業だけでなく食農産業として新しい産業化と農業の復旧復興という可能性がある。農業も変革をしていかなければならない。強い気持ちで応募され8ヶ月の講座を修了した皆さん一人一人が未来を切り開いき、また自分の為、地域のためにも担ってほしい。先のことをみすえた高い志をもって取り組んで未来を切り開いてほしい」と挨拶されました。

 

  来賓の山形県農林水産部若松正俊次長、山形大学結城章夫学長より祝辞を賜りました。

wakamatsu

▲山形県農林水産部次長 若松正俊氏

 

yuuki

▲山形大学学長 結城章夫氏

 

  【ビジネス・スクールの取組状況等報告】
 フィデア総研加藤主席研究員から「やまがた6次産業ビジネス・スクールの取組状況、6次産業人材育成の実際等について報告がありました。 

 

 

▲フィデア総研 主席研究員 加藤和徳

 

 

 

 

 【修了証書・履修証明書授与】   

 カリキュラム開発リーダーの山形大学農学部小沢亙教授から受講生代表の鈴木学さんに修了証書を授与。また、山形大学結城学長からは受講生代表の中野葉月さんに履修証明書が授与されました。   

▲鈴木学さん

 

▲中野葉月さん

    

【受講生代表挨拶】   

 受講生を代表して農業ビジネス管理コース石岡浩明さん、食品ビジネス管理コース岡崎千恵子さん、交流・観光ビジネス管理コース須藤孝三さんから挨拶がありました。   

石岡さんが挨拶の最後に「受講生のネットワークをつくりましょう!」と呼びかけ修了生全員の拍手で賛同を得ました。

 

▲石岡 浩明さん

▲岡崎 千枝子さん

▲須藤 孝三さん

 

    

    

    

    

    

 【講師代表挨拶】 
 最後に講師代表として、カリキュラム開発リーダーである山形大学農学部小沢亙教授から、「スクールにかかわった講師陣を十分に活用していただき、それぞれのビジネスプランの実行に向けて失敗を恐れずに進んでください」と励ましのお言葉をいただきました。   

▲カリキュラム開発リーダー 山形大学農学部教授 小沢亙氏

第1期生の岡崎完治さんが取り組んでいるイタリアン野菜プロジェクトについてNHKから放映されました!

2012/02/09

やまがた6次産業ビジネス・スクール1期生の岡崎完治さん(平成21年度修了生)の取り組んでいる、イタリアン野菜プロジェクトが1月17日(火)NHK夕方のニュース番組で放映されました。

 
 

▲雪の積もる畑での取材
タルティーボ(ラディッキオ)の掘り起こしの様子です。黒いジャンパーを着ているのが岡崎さんです!!

 

地域の資源を活かした町の活性化の取組み

 岡崎さんは、河北町在住で、主にネギの栽培をしてきましたが、4人の生産者と一緒にイタリアン野菜「タルティーボ」を栽培することで、地域の資源を活かし町の活性化を図ろうと「河北町農商工連携イタリアン野菜プロジェクト」を立ち上げました。

 

イタリアン野菜「タルティーボ」
タルティーボとは、イタリアで人気の冬の伝統野菜で、赤白のコントラストが美しく、爽やかな苦味と甘さが特色で、生でそのままサラダなどでいただくか、ソテーにします。煮込み料理に使われることもあるようで日本ではあまり見かけられない野菜です。

▲イタリアン野菜タルティーボ

 

▲ タルティーボのフリット

さっくり揚げることで、独特の苦味がまろやかな旨みに変わりました。こちらもシンプルに塩とレモンで。

▲タルティーボの肉巻き

やっぱり油との相性がいいみたいです。お肉の旨みを吸ってしんなりしたタルティーボは、フリットとはまだ違った食感で美味しい。

 

イタリア野菜の今後の展望
岡崎さんは、「イタリアン野菜は高価なものですが、本場のイタリア料理にはかかせない野菜で、年間を通じて新鮮さや、安全性を重視したイタリアン野菜を提供したり、品種改良し、将来は現在の倍以上の品種を増やしたい」と考えておられます。また、「外国産や国内産が競合相手であるが、自分たちの取り組む姿を顧客に正直に伝えて、直売や特約店をつくり販売していきたい」と意気込みを述べています。

【受講生の皆さまへ】「農業経営革新支援講座」の開催について(山形県立農業大学校主催)

2012/02/01

 

やまがた6次産業ビジネス・スクールからのお知らせ
山形県立農業大学校主催の平成23年度『農業経営革新支援講座』が開催されますので,お知らせします。
6次産業ビジネス・スクールの受講生が参加される場合は、山形県立農業大学校に、FAX又はメールで、2月17日(金)までに申し込んでください。
なお、この講座に参加した場合、履修時間には含まれませんのでご注意ください。

 

(変更)

講座に参加した場合、履修時間(3時間)に含まれることになりました。

 

講座ちらしの 詳細はこちらをクリックしてください。  (PDF:372KB)

【受講生の皆さまへ】平成23年度ビジネス・スクールプランシート(提出用資料)について

2012/01/23

「平成23年度ビジネス・スクールプランシート」をお送りします。

詳細はこちらをクリックしてください。 (84KB)

【受講生の皆さまへ】「販売力強化講座(1)~(3)」の講義内容と講義日程の変更についてお知らせ

2012/01/18

やまがた6次産業ビジネス・スクールからのお知らせ

「販売力強化講座(1)~(3)」の講義内容と講義日程の変更について詳細をお知らせします。

 

詳細はこちらをクリックしてください。(PDF:91KB)

【受講生の皆さまへ】1月11日の講義についてお知らせ

2012/01/05

やまがた6次産業ビジネス・スクールからのお知らせ
農林水産関連の支援施策等の講義内容について詳細をお知らせします。

 

1月11日は「果物の栽培管理」「6次産業化新施策の概要」「創意工夫プロジェクト支援事業について」「山形県における6次産業化関連施策」について、それぞれ担当の講師の先生が講義をしてくださいます。

 

詳細はこちらをクリックしてください。

ビジネス・スクールの視察研修(鶴岡市)が行われました。

2011/11/29

やまがた6次産業ビジネス・スクールの視察研修が11月16日(水)行われ、鶴岡市にある農家レストラン「菜ぁ」と「産直あぐり」を視察しました。

 

11/16(水)
〈視察1〉
やさいの荘の家庭料理「菜ぁ」 女将:小野寺美佐子様
「ホスピタリティ・マネージメントの実際」として、グリーン・ツーリズムについて、農家民宿を始めるに至った経緯や理念について、また農家民宿の日々の取組みについて講義をいただきました。 
お客様の立場になって考えること、農家民宿を選ぶ人はふれあいを求めている人が多いので、かゆいところに手が届くサービスをしていくことなど顧客に満足を与えることが必要であると強調されていました。


▲菜ぁでの講義

 

講義の後、農家民宿の日々取組みの一例として、昼食(三元豚のしゃぶしゃぶ、ぶりの煮付け、赤カブの漬物、しめじとほうれん草のおひたし)をいただきました。

naachuushoku
▲菜ぁでの昼食
   
 

〈視察2〉
(株)産直あぐり取締役:鈴木光秀様
「交流・観光ビジネスの実際」として「産直あぐり」の開設の経緯と経年変化、組合員の変化、株式会社化の意義と今後の展開などについて講義をいただきました。
現在、年間25万人(レジ客数)の来客があり、店の売上げが現在3億円を超えている年間経営について受講生は熱心に耳を傾けていました。

agurikougi
▲レストラン内での講義

安全・安心策として、平成18年度から「トレーサビリティーシステム」を導入し、自立性の高い戦略的な経営をされています

▲産直あぐり店舗内