1. やまがた6次産業
  2. 6次産業ブログ
  3. 講義「商品開発の手法」、「食品表示制度・食品衛生管理」

講義「商品開発の手法」、「食品表示制度・食品衛生管理」

2016/12/22

スクール第8回目の講義として、12月20日(火)に標記科目を実施しました。


◆科目「商品開発の手法(商品づくりのポイント)」

この講義では、オフィスK&Mの相馬佳苗氏を講師としてお迎えし、「売れる商品」とは何か、商品コンセプトの描き方、ブランディングのポイント、ストーリーの重要性等について学びました。
グループワークでは、事務局で容易した各種果実のジャムを例に、消費者に伝えたいコンセプトやポイントを検討しあい、包装やキャッチコピーの形に落とし込む演習を行いました。

短い時間での検討・作業ではありましたが、質の良い商品を作るだけでなく、生産者のストーリーやメッセージが「伝わる」コンセプトの発想が重要であることを、認識いただけたと思います。

281220_kougi_01
▲相馬氏からの講義
281220_kougi_02
▲ブランディングのためには?
281220_kougi_03
▲検討結果を発表
 

 

◆科目「食品表示制度・食品衛生管理」

後半は、県食品安全衛生課の担当者から食品表示制度について、村山保健所の担当者から食品衛生管理について、それぞれ講義いただきました。
食の安全・安心を求める声がますます高まる中、6次化商品(農産加工品)についてもこれに応えていくのは当然ですが、食品表示の不備による回収事例、衛生管理の不徹底による異物混入等は残念ながら全国で散見されます。

食品表示制度の見直し(原料原産地等)や、HACCP手法による衛生管理の義務化に向けた国の検討が進められている等、将来的な事業展開にも影響してくる話題にも言及いただきました。

受講者はその重要性を再認識することができたと思います。なお、個々の実情に応じて、適宜各機関に相談されたい旨、ご案内いただきました。

281220_kougi_04
▲村山保健所からの講義